底地(借地権付の土地)の管理

    ent07

    底地(借地権付の土地)の管理

    借地人様が建物を所有している土地を底地(貸し宅地)と呼びますが、地主様にとっては非常に悩み深い不動産ではないでしょうか?

    殆どの場合、底地・借地の関係は借地人様の建物がある限り、地主様の意思に関わらず続いていきます。

    代々引き継がれている底地の管理について最も大事な事は、契約書の整備です。
    底地を相続したものの、契約書がなく途方にくれている地主様、また、数十年前に取り交わされた契約書の内容が、現在の法律的に有効な内容であるのか不安な地主様も多いのではないでしょうか?

    以下のようなケースで借地人様とトラブルになる地主様も少なくありません。

    • 代々引き継いでいる土地の地代(土地の賃料)を確認してみると、長期間に渡って値上げされていなく、その土地の固定資産税も賄えない。
    • 地代と共に、地主様の大きな収入である更新料の交渉は非常に重要な業務です。
      契約更新の時期が近づいているのだが、借地人様と面識がなく、更新料の金額や支払い方法の交渉が難しい。
    • 分筆されていない底地に複数人の借地人様がいて、借地権境が明確になっていない。
      また、借地人様も代替わりしているのだが、相続登記がされていないので、誰が借地権者であるのか分からなくなってしまった。
    • 遠隔地に底地を所有していて、長く現地を見ていなかったら、無断で新しい建物に建て替えられていた。

    このような悩みをお持ちの地主様は 、底地についてのプロフェッショナルであるジェイ・ワン・プランニングに是非、ご相談ください。

    問題を未然に防ぎ、既に生じている問題については地主様の要望に応え、迅速に解決に導くお手伝いをさせて頂きます。

    不動産のお悩みは…すぐ相談。相談は無料です。
    どうぞ、お気軽にご相談下さい。