一棟ビル・マンション・アパートの買取・再開発・権利調整業務・底地買取りならお任せ下さい

お問合せはこちらTEL 03-5789-5900

老朽化マンションが抱える問題

g_07_01

老朽化マンションが抱える問題を解説します。

現在、日本には多くのマンションやアパート、ビルが建築されています。 しかし、老朽化に伴い、様々な問題を抱えているマンションやアパートも少なくありません。老朽化したマンションが抱える問題とは、どのようなものがあるのでしょうか。

耐震性の問題

昭和56年に耐震基準の大きな改正があり、新耐震基準が導入されました。
そのため、昭和56年以降に建築確認を受けて着工された建物は、新耐震基準が適用されているので耐震性に優れていますが、それ以前に建てられた建物は耐震性が低く、地震による倒壊が懸念されます。

もし保有しているマンションが倒壊した場合、損害賠償や訴訟問題など様々な責任を背負うことになるでしょう。

空き室問題

老朽化した賃貸マンションの問題は耐震性のみならず、空き室の増加も問題として挙げられます。

建てた当時は最新の設備、きれいな内装で人気があったとしても、年月が経てば劣化が進むだけでなく、時代とともにニーズも変化して人気がなくなってしまいます。そのため、入居者不在による空き室問題が起きてしまうのです。

空き室化が進むとマンションの管理システムは機能しなくなり、スラム化や治安の悪化が進み、さらに入居者希望が減るという悪循環に陥ります。

多額の修繕費用

修繕費用が捻出できず修繕されなければ建物の劣化が進み、建物の劣化が進めば入居者は減少、空き室の増加につながることは容易に想像できます。

建て替えが難しい

古いマンションの場合、老朽化に伴い建て替えをしようとしても、建て替えが難しいケースがあります。

建築基準法が変わったことにより、建て替えによって容積率に余裕がなくなることが考えられます。マンションが小さくなれば部屋数は減少し、当然ながら売却や家賃による収益も減少します。また、入居者の明渡し同意が得られずに建て替えができないケースも多いようです。

地主様・家主様  ご相談・お問い合わせはこちら
税理士様・仲介業者様  ご相談・お問い合わせはこちら