一棟ビル・マンション・アパートの買取・再開発・権利調整業務・底地買取りならお任せ下さい

お問合せはこちらTEL 03-5789-5901

空室の多い古ビルを相続したら

g_03_01

空室が多い古いビル・マンション・アパートを相続した場合の対策についてご説明します。

ビルアパート、マンションを相続した際、需要の高い物件なら多くのメリットを享受できます。しかし、人によっては空き室の多い物件を相続することがあります。

収益性の低いビルやマンションはリスクが高く、早々に空き室対策を講じなければ赤字経営となり生活にも影響を及ぼしかねません。空き室の多いビルを相続した際には様々な解決策があります。

賃料の値下げ

空き室対策のひとつが賃料の値下げです。
しかし、安易に賃料を値下げすることはおすすめできません。確かに経年劣化した物件や地域の相場資料が下がっている場合、空き室対策として賃料の値下げは妥当です。しかし、ただ賃料の値下げをすれば一時的に入居者を確保できたとしても、根本的な問題の解決にはなりません。

入居者が増えても経年劣化によって物件価値が下がれば、また、空き室がでてきます。
その度に賃料の値下げをしては、利益はおろか修繕に必要な収益の確保さえも困難です。

また、物件の価値に見合った適性賃料を設定しないと、問題が多発する可能性があります。適性賃料より高ければ退去者の続出もしくは入居者からの賃料の値下げ交渉、低ければ入居者の質が下がり、滞納などの問題が起きることがあります。

物件の魅力を高める

「入居者が少ない=物件に魅力を感じない」と考えられます。物件の魅力を高める方法として一般的なのがリフォームやリノベーションです。
とくに築古物件の場合、外観や内装、設備も古くなり、間取りも今の時代のライフスタイルに合わないことがあります。

それらの問題を解決して物件の魅力を高めれば、入居者の確保が期待できます。

ただし、大幅なリフォームやリノベーションの際は、物件の立地条件の確認は必須です。
需要の高い物件ならリフォームの価値はありますが、低い場合はリスクが大きくなります。

売却する

空き室対策が困難、また入居者を確保できても管理が難しいなどの問題がある場合は、売却も選択肢のひとつです。売却によって賃貸管理の不安が解消され、さらに利益を得ることもできます。

また、売却で得た利益を投資資金にして、より収益性の高い物件を購入すれば、安定した賃貸運営も夢ではありません。

地主様・家主様  ご相談・お問い合わせはこちら
税理士様・仲介業者様  ご相談・お問い合わせはこちら