一棟ビル・マンション・アパートの買取・再開発・権利調整業務・底地買取りならお任せ下さい

お問合せはこちらTEL 03-5789-5900

g_10_02

底地売却のメリットについて解説します。

管理に関する不安が解決する

底地を保有していると、土地の所有者である地主様と借主様との人間関係による問題が生じるケースが考えられます。

底地の契約を結んだ当時は、地主様と借主様は良好な人間関係を築いていたかもしれません。しかし、世代交代が進み、現代は隣人の名前も分からないというご家庭も増えてきました。

人間関係が希薄になった状態では、地主様と借主様の間で契約更新や地代の値上げなどによるトラブルが起きる可能性があります。一度トラブルが起きれば問題は複雑化し、解決するのも難しくなるでしょう。
また、底地に関しては借地借家法の適用により自動的に契約は更新されてしまい、地主様が借主様から土地の返却を申し出る際は、正当な理由がなければならないと記されています。

借地借家法では借主様が過剰に保護されていましたが、平成4年の改正により期間満了の際は土地が返還される定期借地権が誕生しました。しかし、改正する前に契約を結んだ底地に関しては旧法が適用されてしまいます。

底地を売却することで、このような煩わしい管理や人間関係から開放されることでしょう。

相続の問題が解決する

底地は継続的な収益は得られるものの、他の不動産物件と比較すると収益性が低く、地主様にとっては利益の薄い不動産と言えます。

収益を増やしたいと思っても、借主様は法律によって保護されている為、地代の値上げは困難なケースが多いようです。しかし、収益性が低いにも関わらず、相続の際は財産評価基準によって実際の価値よりも高く評価され、多額の相続税が発生してしまうのです。

相続税は基本的に現金で一括で支払うものであり、場合によっては延納・物納という方法が認められます。しかし、どちらもデメリットがあり相続人の負担は増大、相続を繰り返せば、やがて資産はなくなってしまうことが懸念されます。

相続に関する問題はご家族全員に影響を及ぼす大きな問題です。大切なご家族に資産を残すのであれば、早めに解決すべき問題と言えるでしょう。売却資金は相続税や納税資金として活用することも可能です。

地主様・家主様  ご相談・お問い合わせはこちら
税理士様・仲介業者様  ご相談・お問い合わせはこちら